Jリーグは嘘だらけ

以下の方のユーチューブのチャンネルで、いろいろと議論を展開しているが、早い話、Jリーグは「嘘ばかり」ということに尽きているw

m.youtube.com

ここでJリーグが公に発表している統計が検討されているんだけど、そこで「スタジアム稼働率」という項目がある。そこで、稼動している割合の中に、なぜか「大規模試合のためメイングラウンドを使用している日」という項目があるw
これさ。
ただの、天然芝を休ませるためのメンテナンスですよね。それが、なんでスタジアムの「稼動」になるんですかね。これ、完全にJリーグ側の屁理屈じゃないですか。自分たちが、そうだったらいいなを吐露しているだけにすぎない。
考えてみてほしい。興業施設はなんらかのイベントに使えば、使用料が興業側から施設の所有者に支払われる。音楽のコンサートが開かれたり、プロ野球の試合があれば、当然、入場料をとっているんだから、儲かった分の何割かが球場側の収入になる。
ところが、Jリーグって、天然芝を「推奨」していて、どこの都道府県も当り前のように天然芝でやってるから、芝を休ませる必要がある。新国立競技場で、プロサッカーの試合の前にラグビーをやったら、芝が荒れて問題になっていたけど、そもそも、なんでプロサッカーは天然芝でやっているんだろうね。
天然芝にすると、そもそも、サッカーの試合のないときに、他の興業ができない。なぜなら、コンサートをやるとして、観客を球場に入れると、お客さんが芝を踏まざるをえなくなるから、当然、芝が痛む。
ということは、そもそもプロサッカーは

  • 儲からない

ということになる。逆に言えば、

  • 入場料や視聴料を、他のプロスポーツの数倍にしないとペイしない

ということになるw たとえば、日本のプロ野球だったら、一週間に5試合くらいはやっているだろう。しかし、サッカーはせいぜい、1、2試合。その2試合だって、疲労が大変とか言ってるんだから、こんなのもが儲かるわけがないよな。
だから、さ。
Jリーグって、始まった最初から、嘘ばっかりなんだよね。ビジネスとして、エンターテイメントとして成立していない。ものすごい莫大なお金を、都道府県の地方公共団体に寄生して、お金をチューチュー吸ってるんだ。そして、これを未来永劫やろうとたくらんでいる。
さきほどのユーチューバーの方が以下で提言しているけど、

  1. 試合数の増加
  2. ダゾーン放映権
  3. ドラフト制度の導入
  4. 昇降格制度の廃止
  5. 移籍数の抑制

m.youtube.com

まず、ここから始めようよって指摘で、ドラフト制度については私も明らかに、プロ野球の方が優れているという文脈で言及したことがあるけど、これって、後半は「Bリーグ」、つまり、プロバスケットボールが先行してやってるんだよねw
おそらくこれに、「天然芝」問題が当然、あるんだと思っている。明らかに、天然芝をやったら、ペイしないでしょ。入場料を、他のプロスポーツの3倍以上にしないといけない。だって、芝を休ませているときに、その休ませている土地を、コンサートなどに貸し出せないわけでしょw つまり、球場管理側がその空間を利用して、集客できない。ということは、当り前だけど

  • プロサッカーが、その空間を「独占」している

のと変わらないわけでしょう。つまり、だったら、その間も含めて、ずっと、サッカーの試合が行われているのと変わらないわけだ。
しかし、Jリーグ側が「自称」している「スタジアム稼働率」では、そうなっていない。なんと、地元地方自治体にお金を払わせている。つまり、地方のお金、地方の税金にJリーグは「寄生」しているわけだ。
まあ、いちじが万事、こんな感じで、Jリーグって嘘ばっかりなんだよね。こうやって、あらゆるところで、国のお金に寄生しているくせに、ほとんど会計を公開しない。どこに、お金が消えているのかも、さっぱり分からない。でも、こういった問題を本気で訴えている人も、そういった事実を知っている人も少ないわけで、いろいろと隠蔽されていて、メディアも結託して特にサッカージャーナリストとか絶対に、Jリーグ批判を言わないよねw なにがあっても、御用学者、御用マスコミよろしく、絶対に批判を言わない。