映画「鬼滅の刃」を見て

映画「鬼滅の刃」が記録的な大ヒットだ、と言うが、映画館で朝から深夜まで、そればっかりを上映していて、ほとんどが予約などで購入済みなら、そうなるよなあ、といった感じではある。例えば、「君の名は。」のような、口コミで一週間くらいかけて、人が押しかけていくような状況と比べると、少し作られた人気とも言いたくなる(そもそも、どこの映画館も、この映画ばっかりやっている、という状況は、この新型コロナの映画館不況とも関係しているのだろうか)。
私は原作の漫画を、ほとんど見ていないし、そもそも、週間少年ジャンプを見ていないわけで、ただ、近年のブームに注目してテレビアニメシリーズを見ているだけの知識で、今回の映画を見させてもらった手前もあって、それなりに楽しめた、というのが感想だ。
ただ、今回の映画の大ヒットは、この映画の出来がどうのこうのとは関係なく、そもそもの昨年から続いている、「鬼滅の刃」ブームの延長の現象として見るのが正しくて、そういう意味では、この映画そのものに、なにか語りたい話題があるわけではない。
そう思っていたら、以下のブログ記事が、はてなブックマークで紹介されていた。

「鬼滅の刃」に女性が熱狂する理由|小山晃弘|note

なぜ、「鬼滅の刃」はブームになったのか? それを、この記事では、

  • なぜ「女性の間で」ブームになったのか?

と読み替えている。その上で、この作品の主人公の少年には

  • 少年漫画が描いてきたような、「男の欲望」が描かれていない

というところに違和感がある、と言い始める。つまり、むしろこの特徴を、このブログの方は

  • 「悪い」側面

として指摘している、というわけであるw
まあ、ようするに、週間少年ジャンプが今まで描いてきた作品の、ほとんど全てが、そういった

  • (心理学、または、文学部といった「文系」が仮構してきた)男の欲望というものが「存在」する

という「仮説」のもとに描かれてきた、という関係にあるのであって、そもそも、こういった漫画雑誌の「前提」を受け入れられない人たちには、まったく、人生に

  • 関係のない

世界だ、というわけである。
つまり、もっと言えが、週間少年ジャンプとは

  • 男子校ノリ

なわけである。現代において、いかに男子校という存在が、非倫理的で、問題とされている時代に、今だにこういった、

  • 男子の女子に対する「遺伝子的な意味での」優越(=ある主の「優生学」)

を前提としているかのような作品を、まったくの無批判で作り続けている世界の、浮世離れを、「鬼滅の刃」という作品は批判しているのだろう。
(少し余談だが、歴史的に、DNAだとか遺伝子だとかに極端な「存在論」を関係させてきたのは、みんな「文系」の「哲学者」たちだw つまりは、それは「心理学」の「実在論」に関係して、遺伝子やDNAが語られてきた。もしも遺伝子やDNAが、決定的な、その人の「存在」を決定していなければ、そもそも「心理学」の学問としての「実在」が否定されてしまう。彼ら「文系」は、自らの行っている学問の「価値」を証明するために、どうしても、遺伝子やDNAが世界を「決定」してくれなければ困る、わけであるw)
なるほど。「鬼滅の刃」の原作の漫画の作者は、最近まで身元を隠していたそうであるが、今では、女性であることが分かっている。そういった視点で見れば、確かに、鬼たちの

  • 繊細なナイーヴさ

の描き方なんかを見ると、どこか女性の描いている作品といった印象を受けてくる。
しかし、である。
むしろ、そんなことより、はっきりとした特徴が、この作品のプロット自体に内包されている。主人公の少年、炭治郎(たんじろう)は、家族を鬼に斬殺されている。
まあ、そういう意味では、かなり

  • 虐殺現場

が描かれた作品という意味では、映倫だったら、かなりアダルトな作品として分類される作品だ、ということになる。そして、考えてみると、こういった主人公の家族が

  • 虐殺

される作品が、週間少年ジャンプには、ほとんどない、ということに気付くわけである。
どういうことか?
つまり、週間少年ジャンプは、そういった極限状況に置かれた少年の心を描いてこなかった、ということなのだ。つまり、上記で言っていた

  • (男の)欲望

は、そもそも、

  • 幸せな家庭

によって母親に守られていることを前提にしないと、まともに見れない「甘え」なわけである。
また、唯一生き残った、妹のねず子にしても、鬼化、つまり、

  • 病気

になっているわけで、正常な理性が、完全に戻っているわけではない。つまり、作品の構成は非常に単純だ。

  • 父親、母親、妹、弟を(鬼という)この社会に殺された長男の少年が、唯一生き残ったが(鬼化という、意識を失った)妹の<病気>を治すために「生き続ける」ことを選択する物語

なわけだ。ここで、日本中の子どもを含めた人たちは考えるわけであろう。もしも、家族が亡くなって、それでも自分は生き続けよう、と思えるか?
それに対して、この作品は直接的な答えを避けている。というのは、妹のねず子は鬼化しているわけだが、まだ、人間に戻すことをあきらめてないからだ。
つまり、この作品では、主人公の少年に、家族の死と向き合うことを直接には強いていない。その代わりに、とにかく、妹を生き残らせなければならない、という使命感が彼を、目の前の困難を生き残ろうとする意欲を与えている。
まあ、こういったシチュエーションは、私たちのだれにでも起こりうる、と考えることだってできるわけですよね。交通事故で、自動車が大破して、親が死ぬかもしれない。唯一生き残った自分と妹。でも、妹が病気で意識が戻らなかったら、その妹の病気を治すために、自分一人で生計を立てて、とにかく、

  • 生きて行こう

と「思える」のか? まあ、この作品は全ての人に、それを問うている、という意味では、メッセージは分かりやすいし、それを直接的なメッセージとして、真剣に受けとめている人が多い、ということなんでしょう...。

追記:
主人公の炭治郎(たんじろう)は、家族を鬼に虐殺されたわけだが、彼が欲望(つまり、感情)を持てないのは、それを持ったら、鬼に殺されるからだ。つまり、そういった

  • 男の欲望

として、「文系」で学問化(心理学化)されている「神話」は、安穏とした家族関係が保証されている子どもたちが「悩む」贅沢(ぜいたく)で、たんに今の時代が「平和」だから提供されているものに過ぎない。炭治郎は無感情なのではなく、感情をもったら「死ぬ」から持たない、だけにすぎないし、これは、ある意味での「比喩」なのだ...。

新型コロナの集団免疫論

新型コロナを巡って、国論はまっぷたつに分かれている、と言っていいだろう。それは、集団免疫論、つまり、「ノーガード戦法」を巡って行われている。

  • ノーガード戦法派 ... 早い話が「日常を取り戻せ」と言っている連中。新型コロナに伴うPCR検査などによって、人々がそれ以前の「日常」を止めたことによって「不況」が深刻化して、自殺者が増えることを憂える人たち。
  • 反ノーガード戦法派 ... 保守本流。常識的な感染症学のスタンダードから、基本的に世界中での新型コロナ対策を肯定している人たち。

この対立が一番分かりやすい例が、「集団免疫論」に対して、米CDCスウェーデンのテグネルが、それを

  • 反倫理的

と述べたことが象徴する。
つまり、ほとんど全ての世界中の政府機関は、今、「反集団免疫論」を前提とした対策を行っている。
ここから、必然的に言えるのは、私が上記で「ノーガード戦法派」と呼んだ人たちは、この「集団免疫」を推進する立場だ、というところにある。
こう聞くと、剣呑な話に聞こえるかもしれないが、興味深いのは、彼ら「ノーガード戦法派」は、自分たちが

  • 正義

だと思っている、というところにある。つまり、お互いがお互いの「正義」を主張しているから、私はこれを「対立」と呼んでいるわけであるw
まずは、「集団免疫論」の問題を考えなければならない。なぜ、米CDCスウェーデンが現段階での「集団免疫論」を

  • 非倫理的

と呼んだのか、であるが、一番分かりやすい話が、確実に高齢者の新型コロナによる死者の増加が避けられない、からだ。
ある地域での新型コロナの感染者が増大すると、必然的に、相対的な、高齢者の感染者の「割合」が増える。よって、重症者がどうしても「一定の割合」で、でてしまう。
これに対して、ノーガード戦法派は(一番の典型例が、京大准教授の宮沢先生だが)、

  • ワクチンなんて、どうせできないんだから、そういう人は早く死ぬか、後で死ぬかの違いでしかない

という主張をする。つまり、彼らはそもそも、一切の治療に「懐疑的」なのだ。もしもワクチンができたと言われたとしても、その副反応によって、新型コロナの通常の死者数を超えたら、本当にそれを使うべきか、という話になるだろう。また、抗ウイルス薬といっても、まだ、新型コロナ専用のものはできていない。アビガンには、胎児への副作用があると言われているし、と。
そして、新型コロナの特徴として、高齢者が言われている。しかし、新型コロナの死者の年齢分布はほとんど「平均寿命」に対応して分布している。つまり、その高齢者の死は、ひとつの

  • 寿命

なんだ、と言うわけである。
ようするに、ノーガード戦法派は立場として、

  • 感染して重症となる場合の「被害」の大きさは<分からない>

という立場だ、ということになる。つまり、彼らはその被害の大きさに興味がないわけである。例えば、後遺症のことが言われているが、その「統計」データは、まだ、はっきりしたものとして出てきていない。しかし、いずれにしても、少なくとも今のところ、日本の死者の数はずっと少なく抑えられている(しかも、彼らはそれを「寿命」だと思っている)んだから、そこから類推して

  • ほとんど被害なんてないに等しい

と考えるわけである。
つまり、むしろ逆なのである。ノーガード戦法派が言いたいのは、こういった感染対策を行うことによって、経済が冷えこんだことによる影響、つまり

  • 不況

が問題だ、と言いたいわけである。
不況になれば、多くの労働者が解雇され、そうすれば、ほとんど必然的にそれらの

  • 一定の割合

が自殺する。しかも、こっちは「働きざかり」の若者である。こっちは、確実の若者から死者が出る。どっちが「深刻」なんだ、と言うわけである。
一見すると、ノーガード戦法派は一定の真理を語っているように聞こえる、かもしれない。しかし、ここで一つの問題がある。それは、米CDCなどが語っているように、そもそも、新型コロナに対しての「集団免疫論」を彼らが、現段階でそれを主張している人たちを

  • 反倫理的

と非難している、ことにある。つまり、彼ら「ノーガード戦法派」は、世界のエスタブリッシュメントの中では、

  • 私たちの社会の「敵」

として認定されている、ということなのだ。
そう考えてみると、新型コロナが中国で発生した当初から考えても、新型コロナに対する「集団免疫論」を主張している人というのは、ほとんど見かけなくなってきている、というのは分かる。
例えば、上記の議論を考えてみよう。流行の初期に感染して死んでも、後期に感染して死んでも結局死ぬんだから変わらない、という議論は、そもそも、抗ウイルス剤を代表とした

  • 治療薬

が誕生しない、ということを前提としている。なぜなら、科学の発展で、新型コロナが「治る」ものになれば、流行の初期さえ生きのびれば「死なない」ということになるからだ。ところが、感染の初期の流行の拡大を避ける方法は分かっていて、

  • みんなが家から一歩も出ない

でいい。これさえやれば、二週間で、だれも感染者はいなくなるわけで、流行は終わる。つまり、方法があるのだから、あとはそれを選択するかしないかの差でしかない。
さて。次の論点であるが、私が不思議なのは、不況による自殺者が問題なのであれば、なぜ彼らは

を主張しないのだろう? つまり、私は本当に彼らが「自殺者」を「かわいそう」と思っているのかを疑っているわけである。
例えば、リーマン・ショックというのがあった。これによって、大量の非正規雇用の労働者が解雇された。そして、言うまでもなく、このときも大量の自殺者がでた。
つまり、たんに自殺者の増大は、

  • 景気の循環

に比例した現象に過ぎない、ということになる。今の私たちの社会が、資本主義を選択している限り、一定の解雇者が発生する。そして、その中の一定割合が、うつ症状などを呈して、自殺と結果する。つまり、本気で世の中から自殺者をなくしたいなら、なぜ

  • 資本主義を止めるべき

と言わないのだろう?
さて。
ここで、今の東京の状況を考えてみよう。
五月くらいの専門家委員会が、八割削減を言っていたとき、私はそもそも、その意味が分からなかった。というのは、どう考えても、そんなことは実現できない、と思ったからだ。そこで、専門家委員会がそれをどう説明しているのかを、動画などで確認した。すると、専門家委員会が言っていたのは、

  • 大企業が、その社会的な役割を理解して、率先して模範を示すべきだ

みたいな議論をしていることに気付いた。つまり、中小企業がルールに従わないことは「自明の前提」として、その分も、大企業が余計に削減しなさい、と言っていたわけである。つまり、大企業は、九割以上の削減を「しなければならない」と言っていたわけである。
大企業とは、まずもって、政府や東京都の役所と深く関わって商売をしている人たちである。つまり、彼らは役所の行政指導に逆らえない。逆らったら、どんな仕返しをされるか分からないから。
だから、東京で起きたのは、大企業の、ほとんど全員の在宅ワークであった。
しかし、言うまでもなく、オフィス街や夜の街は、そういった大企業の人たちがオフィスに出勤した昼休みや、夜の接待で使っていた場所である。よって、そういったサービス業で働いている人たちは、どんなに店を営業しても、客足が伸びない、という事態に至った。
しかし、である。
ここで考えてもみてほしいのである。そもそも東京の何が問題であったのかといえば、それは

  • 満員電車

であった。つまり、あまりに満員電車が混みすぎていることが、そもそもの東京の問題だったのだ。新型コロナによって、ほとんどの企業が、オフィスワークを、半分は在宅にしたことによって、それなりには、電車の混雑の割合を減らすことになった。
おそらく、東京の電車利用者に聞いたら、この混雑の緩和を「いい傾向」と言う人がほとんどじゃないのか。つまり、話は逆なのだ。そんなに昼間に出勤がしたいなら、まず、本社を東京に置かなければいい。オフィス街の昼間の定食屋や、弁当屋も、そもそも、そういった満員電車による「人の動員」をあてこんで、ビジネスをやっているだけなんで、もしも今の傾向が続けば、むしろ、そういったお店は、住宅街の方に拠点を移して、持ち帰りの弁当を主商品としたビシネスを始めればいいのかもしれない。
今回の新型コロナによる経済の冷えこみは、リーマンショックと比肩できるくらいに深刻だろう。しかし、一つだけ分かっていることは、少なくとも、リーマンショックと違うのは、この新型コロナの

  • 流行

が終われば、経済は元に戻る、ということである。しかし、それはいつなのか、ということだろう。
日本経済ということでいえば、GoTo によって、国内の少人数での旅行は一定の割合には逹しても、インバウンドが壊滅的である限り、以前と同じには絶対にならない。では、どういった戦略が「合理的」なのだろう、ということになるが、このことは日本の周辺の国々が、どういった戦略をとっているのか、にも関わってくる。少なくとも、上記の「ノーガード戦法派」の人たちが、米CDCなどの主張する「新型コロナに対する、今の段階での、集団免疫論は<非倫理的>である」という批判をどのように受けとめるのか(反論できるのか、または、反論できないのか)、に一つの私たちが向かうべき方向がある、ということなのだろう...。