オリンピックという「犯罪者製造工場」

昨日、安倍の国葬が行われたわけだが、驚くべきことに、まったく、その裏では、

  • オリンピック事件

の捜査が、まったく止むことなく進んでいる。
あーあ。高橋と関連して、一体、どれくらい多くのオリンピックに関わった人たちが、

  • 犯罪者

となるんだろうね。いや。ずっと言われていたわけだ。オリンピックの協賛となった企業は、ことごとく、なんらかの「犯罪」に手を染めることになる、だから、どこの企業もオリンピックに関わりたくなかった。
ところが、である。
高橋であり、彼に関わった政治家たちが、高橋に操られて、圧力をかけて、次々と協賛企業にさせられた。
そして、すさまじいまでの汚職が膨れあがった。
東京オリンピックに関わってはいけなかった。関わるやいなや、必ず、なんらかの犯罪の「共犯者」にさせられる。それが、安倍や森や高橋が

  • たくらんだ

まっ黒の犯罪行為だった。こういう連中と関わると、必ず、なんらかの「犯罪」の共犯者にさせられて、

  • 晩節を汚す

ことになる。安倍は高橋に「絶対に逮捕させない」と約束したそうだがw、もう死んでしまったら、さすがの安倍も、なにもできるわけがない。
しかし、昔から、このことは言われていたわけだ。オリンピックに関わると、ほぼ、必然的に「犯罪」を犯すことになる。それは、関わったら、そういった犯罪者と「行動を共にしないわけにはいかなくなる」からだ。だから、多くの企業が、オリンピックの協賛企業になることを嫌がってきた。
あーあ。
そういえば、茂木健一郎っていう東大の馬鹿がいたな。なんで、こいつは牢屋にぶちこまれないんだろうね。あれだけ、東京オリンピックを礼賛して、なにがなんでも、絶対にやれ、とかイキっていた、気持ち悪いオッサン。そして、こいつに腰巾着のように、へばりついている、東浩紀先生も、

だったわけだw 恐しいね。一体、いくらもらってるんだろうね。早く、自ら自首して、牢屋にぶちこまれろよ。
そして、東京オリンピックに無邪気に選手として参加した人たち。絶対に、こいつらって、謝罪しないよな。お前らが参加したオリンピックが、真っ黒の、犯罪の温床だったことに、なんで、一片の責任も感じずにいられるんだろうね。体育会系は、脳筋だから、まったくこんな単純な関係も理解できないんですかね。
しかも、さ。いまだに、札幌オリンピックを辞退してないんだろw いや。やれるわけねーだろ。なんで、こんな犯罪者国家が、オリンピックをやらせてくれると思えるの。頭おかしいんじゃねえの...。

リコリコ最終回の謎

テレビアニメ「リコリスリコイル」の最終回は、実際に見ると、よく分からない演出がされていて、多くの考察がされている。その最大の問題は、

  • よしさんは死んだのか?
  • 千束の新しい人工心臓は、よしさんの体内にあったのか? プレゼントのケースにずっとあったのか?

である。
前者については、ミカがとどめをさしたかのような形でフェードアウトしているので、おそらく死んだのだろうでいいのかもしれないが(ただ、その場面は明確に描いていないので、もしも2期があるなら、復活的なポジションで出てきても不思議じゃないのかもしれないが、ここではこれ以上、追求しない)、問題は後者だろう(こっちについては、制作サイドは、かなり意図的に曖昧にしたと思われる)。
これについては、まず、「常識的」なことを言うと、あの短い時間で、ミカが、よしさんの心臓を取り出すというのは、現実的じゃないのだから、プレゼントのケースに、最初から入っていたと考えるのが正しいように思われる。
ただ、よく分からないのが、ミカが「しんじは嘘をつかない」みたいなことを言っているんだよね。これが、この文脈で何を言いたかったのかが、よく分からない。よしさんが千束に「人工心臓は自分の中にある」と言っていたことが嘘だったなら、ここでのミカの発言は正しくない、となるようにも思われるし、いや、ミカが言っているのは、「しんじは<俺に対しては>嘘をつかない」ということなら、まあ、そんなには違和感はないのかもしれない(あれだけ親しかったのだから、後者の解釈が自然なのだろうが)。
もしも、よしさんが死んだとすると、そもそも、この話って、なんだったのかがよく分からなくなるんだよね。よしさんはアラン機関の人間で、アラン機関は、世界中の、さまざまな才能のある子どもを支援する組織とされている。つまり、今回のさまざまな「騒動」は、全て、黒幕は、よしさんだった、ということになることは、たきなが、よしさんに向かって言った言葉からも、正しいと考えていいんだと思う。だからこそ、ミカは最後に、よしさんを殺して「決着」をつけた。それは、この

  • 混乱=事件

を終わらせる、という意味で、やらなければいけないことだった、でいいんだと思う。
しかしそうだとすると、よしさんとアラン機関の「差異」を考える必要はないのか、というのがちょっと分かりにくい。アラン機関は、ひとまず、上記の「目的゙」に従って動いている、一般的な機関だと考えよう。それに対して、よしさんは「独断専行」でつっぱしった、と整理していいのか? つまり、そうだから、ミカは、よしさんに「とどめ」を刺すだけで、この事件は「解決」と整理されるのか。
もしもそうじゃないとすると、アラン機関の中に、よしさんの「親玉」がいて、なんらかの指示を出していたことになる。途端に、より大きな組織の「意図」を作品は追っていかないといけない、ということになる。
ただ、ここまで書いてきて、そもそも、よしさんとミカは「昔からの深いつきあい」の関係が示唆されている。そう考えると、そもそも、DAとアラン機関は、なんらかの関係で、裏で繋がっているようにも思われてくる。しかし、ここについては、あまりはっきりと描かれていない。
おそらく、その「意味」を、ミカは知っているんだろう。
そうなんだけど、今回の最後の、ミカがよしさんを殺すことについても、

  • どういう立場

でミカはそれをやっているのか、あまり明確に描かれない。普通に考えるなら、DAからの命令というか、DA側の作戦行動の中でやっている、ということになるのだろうけど、あまりそこは、はっきりと描かれない...。

追記:
実はもう一つ考察されている謎があって、それは、

  • 事件後の最後のシーンで、千束は、よしさんの死を知っているのか?

である。こちらについては、たきなとの会話の内容を普通に聞くと、知らないで話しているんだろうと思われるが、そうだとすると、なぜミカは教えないのか。となるし、実際、話している内容も少し謎めいて聞こえもするんだよね。