萌え絵とアニメ絵の関係

NHKキズナアイ問題のとき、キズナアイのVtuberの女の子の見た目が、「萌え絵」「アニメ絵」と一般に称されるものだったこともあり、そこがフレームアップされ、注目された。
フェミニストたちは、ノーベル賞受賞者にインタビューする彼女たちの「受け身」な態度に、女性を常に「男性の一歩後ろを歩いている」、古典的な家庭妻の印象を読み取ったわけだが、彼女たちはそれと一緒に、その「絵柄」の「特徴」に特に、注目し

  • こういったもの

が、こういった公的な場所に「ふさわしい」のかを問題提起したわけである。
しかし、それに対する、世の中の反応は早かった。というのは、この話題がデリケートなのは、実際の「絵師」さんたちの「仕事」の活躍場所に関係してくるわけで、いろいろな立場によって、そう簡単に譲れない事情があったからだ。
この議論に過程で、当然ではあるが

  • 定義問題

の重要性を主張する人たちが現れた。フェミニストはいろいろ問題にしているけど、あんたたちの言う「萌え絵」「アニメ絵」ってなんなんだ、と。定義のよく分からないものによって、世の中が「規制」されていくのは不健全ではないのか、と。
ここからは私の私見になるが、私はそこまで「複雑」な問題だとは考えていない。
まず、「アニメ絵」であるが、これはアニメ「SHIROBAKO」の後半のストーリーが分かりやすく描いてくれている。あるアニメ制作会社が、次回作として、漫画の原作のあるアニメの作成を企画した。そして、そのキャラクターデザインとして、社内で才能はあるが、まだ一度もキャラデザをやったことはなかった女性が選ばれた。彼女は、この任された重大任務に誇りをもって、必死でキャラデザを行った。ところが、漫画の原作者が「これ違う」と言って、いつまでたってもOKを出さなかった。
なにが起きていたのか?
ようするに、キャラデザの方は、原作の絵の特徴が「動画」に乗りにくい、「くせ」のある絵であることから、彼女なりの解釈で、「アニメ絵」ちっくな方に寄せて描いていた、というわけである。
おそらく、こういった「事情」は、アニメ制作の現場では日常茶飯事で起きていることなのではないか? つまり、「アニメ絵」とは、なんらかの絵の「表象」のことを言っているのではなく、こういった形で、アニメ制作の現場で、ほぼ必然的に進んでいる

  • 規範化

の流れを示しているわけである。彼らは、言ってしまえば、「動画」のプロである。しかし、漫画家は、そもそも「動かす」ことを頭に描いて漫画を描いていない。ようするに、まったく

  • 違う

ものだ、ということが世の中的に認知されていないのだ。
アニメ絵と言う場合、こういった形で、業界的に、ほとんど「統一化」とでも言ってもいいような、ある定型的な「描き方」がイメージされているし、そして、大事なポイントは、それは別に「完成」されているとかいうものでもないし、完成を目指しているわけでもない、自然発生的にできあがってきたなにか、といった印象がある、ということである。
では、対して、「萌え絵」とはなんだろう? こちらについては、そもそも「萌え」という、主にサブカル系で使われてきた「言葉」にひっぱられていった事情がある。まず起きたのは、

  • 中国

での、この漢字「萌え」の「受容」である。この言葉は、漢字だったこともあり、中国社会にアニメなどのサブカルと並行した形で急速に受容され、理解されていった。そして、こ動きを加速したものに「日本鬼子」などの

  • 女体化プロジェクト

がある。このプロジェクトは、だれかが企画したとか、そういった範囲を超えて、日本のサブカルの大きな動きになっていて、地方の「ゆるキャラ」のようなものにおいても、普通に見られるムーブメントとなっている。
ようするに、オタクが以前は「喜んで」いた、さまざまなアイテムが、

  • 女体化

される(女の子キャラ化される)形で、急速に「拡大」した。
こうやって考えると、この二つの概念は重なってはいるが、同じではない、とは言えるのかもしれない。「アニメ絵」は、どちらかというとアニメ制作の現場における「技術」の側面が強く、「萌え絵」は、

  • こういったもの

という形で、中国などの周辺国で「受容」されて行ったときの「アイコン」といった印象、といった感じだろうか...。

アニゴジの絶望的なまでの分かってなさ

(言うまでもないですが、以下はネタバレがたくさんあります。)
映画館で、アニメ版ゴジラの第三部を見てきたが、あまりの「ひどさ」に、あきれてしまった。こんな作品、だれが見に来るんだろう?
私はこの作品について、第一部、第二部の頃から批判的であった(例えば、

アニメ版「ゴジラ」がまるで喜劇のように笑えてくる点について - martingale & Brownian motion

を参照)。
だから、今さらそれと同じようなことを言いたいとは思わない。しかし、だとするなら、なぜ、この作品は、こんなのになってしまったのか、という問いについては、自分なりに「けじめ」をつけておかないとダメかな、とは思うわけである。
第三部の恐しいまでのダメさを象徴するのが、ハルオであった。この第三部において、ハルオは、完全に、最初から最後まで

  • 鬱(うつ)状態

にあった。彼は、そもそも「病気」だった。ずっと、支離滅裂な言葉をつぶやいて、うわごとのような言葉を繰り返しているだけであった。そもそも、こういった状態の人を

  • 主人公

にし続けるというのは、「残虐」なのではないか? 私はこの第三部を見ていられなかった。ハルオは、明らかに、精神に障害を受けている。それは、言うまでもなく、第二部の最後で、ユウコが大きな傷を負ったことで、今だに意識が戻らないことに深く関係していた。
ハルオの精神状態の異変は、間違いなく、ユウコの「寝たきり」状態が関係していた。
こういった人は、静かに、そっとしておくことが大事なのではないか?
そして、

  • 最悪

の事態は、作品の最後に訪れる。精神の不安定な「ハルオ」は、寝たきりのユウコを抱えて、

  • 自殺

をする。こんな作品を見て、一体、だれが「感動」するのだろう? 精神を病んでいるハルオには、それなりの病院的な施設の「措置」が必要だったのではないのか? そもそも、ユウコはお前の自死

  • 関係ない

だろう。なんで彼女を道づれにハルオは自殺をするんだ。何様なんだ、こいつは(怒
うーん。
おそらく、この作品は「ゴジラ」が何者なのかについて、最初から最後まで間違ったのではないだろうか。だからこんな、鬱アニメ、自殺アニメを作ったのではないか?
そもそもゴジラ

  • 日本

の文脈に現れた「怪獣」である。というか、ゴジラは言ってみれば、

  • 高度経済成長期

の、戦前や戦中を忘れて、奢り、繁栄を謳歌していた

  • 東京

に現れる。特殊なまでに、「日本の文脈」の存在なのだ! ゴジラは「東京」の巨大ビルを破壊する。ゴジラは「東京」の金持ちたちが日夜、散財に明け暮れている繁華街を、焼き尽す。ゴジラは、

  • 人間の<傲慢さ>

を焼き尽すのだ。そう意味で、ゴジラは「天災」であるが、私たち日本人にとっては「人災」だとも言える。
大事なことは、ゴジラが「戦前を忘れ」、「金満家」になって、倫理を忘れた「日本人」の、その不道徳性が

  • 引き寄せた

存在なのであって、そもそも私たちの「自業自得」なのだ!
ゴジラは、そもそも第五副竜丸事件がモデルとなった作品であり、原子力爆弾と深く関係している。そういう意味でも、ゴジラ自体が「被害者」なのだ。
ところが、アニゴジでは、なぜかゴジラ

  • 人間を超えた「生物界」の頂点へと、人間の上の段階へと「進化」した、進化的「上流存在」

として、言わば、生物の

  • 完成体(=生物の進化の「目的」の「到達点」)

として描かれる。やれやれ、である。完全な

であり、「優生学」でしょうw あのさあ。日本の「SF」は、この程度の

  • 差別思想

を拡大再生産し続けるの? こんなの「害悪」しかないじゃないか!
進化論の「大衆化」が、こういった「差別思想」をたれ流し続けるというのが、今は亡きグールドの主張だったわけで、まさにグールドの杞憂が現実化してる、ってことなんじゃないんですかね?
そもそもさ。ハルオのゴジラへの「恨み」って、意味不明でしょ。それは彼のユウコへの想いにも通底するんだけれどさ。中途半端なんだよね。この二人を

  • 日本人

として扱いたかったんだったら、最後まで、

  • 大都市「東京」を破壊し続けるゴジラ

を描き続けないと、彼らの存在が意味不明になってしまうよね。「東京」の

  • 矛盾

を、たとえ舞台を、はるか未来に移すのだとしても、引き継がないと。それを日本の

  • 矛盾

として描けなくなっている時点で、もう製作者サイドは「日本」の「問題」をアウフヘーベンしてしまっている。もはや語るべきは、グローバル社会の倫理なんだって言って、日本の傲慢さを世界に押し付けている。
なんのために、初代ゴジラは、「東京」に向かったのか? なんのために、初代ゴジラは東京を「破壊」し続けたのか? ハルオの「怒り」は、そもそも、初代ゴジラの「世界観」に合わない性質であることに製作サイドは気付かない、制作サイドの頭の悪さを心配したくなる。ゴジラ

  • 被害者

だ。東京の被害者だ。なぜ「加害者意識」がもてない? それは、「東京」であり「日本」

  • だから

上陸して攻めてきた初代ゴジラの「存在理由」を分からなくなっている、ということと同値なのではないか?
私がやはり、この作品で残念だったのは、ハルオが自殺をしたことではなく、ユウコを「道づれ」にしたことだった、と思っている。これは、監督と脚本の完全な

だ。こういうのを自分一人の小説で書くならまだ、それに至る細かなプロセスを、その人なりに徹底して突き詰めることで、一定の正当化が可能だとしても、こういった多くの人に見てもらい、しかも、共同作業でもある、映画で行うというのは、信じられない。
あのさ。
今の世の中で、たくさんいるんだよ。意識が戻らなくて、体力が弱って、それでもなんとか生きてもらおうと、介護をしている人たちが。よう、監督と、脚本家。なにが言いたいんだよ。まるで、そういう人は、

  • 介護

をする人の

  • 責任

で「殺せ」って言っているみてえじゃねえか。そうすれば、確かに、国家の介護のお金は減って、国家財政は助かるな。人殺し!
ハルオが自分で考えて自殺するのは、百歩譲って、まあいいよ。ユウコは、もしかしたら、意識が戻るかもしれないし、それなりに、その世界で、生き甲斐を見出して、有意義に生きるかもしれねえじゃねえか。なんで、ハルオはユウコを道連れにして

  • 殺す

んだよ。なあ。なんで、こんな「鬱アニメ」を俺は見させられなければならないんだよ...。