管理

人殺しオリンピック、人殺し国家

いやあ。すごいよね。 元柔道オリンピックの金メダリストの山下が、JOCの経理部長の「自殺」を、 自殺じゃない とか、警察発表を「間違っている」とかぬかしやがったw 恐しいね。こんな奴は、二度と人前に出せない人間になってしまった。 つまり、山下が…

ホロライブの終わりの始まり

今回の桐生ココの卒業の問題は、まあ、早い話が彼女が優秀だった、ということなんだよね。まあ、ホロライブENの立ち上げのきっかけになった(彼女が運営に作れとけしかけた)ということから始まり、彼女以上に能力のあったメンバーがいないわけ。 つまり、…

桐生ココの卒業

それにしても、いわゆる、日本の有識者と呼ばれるような連中が、まったく、この話題に反応しないというのは、つまりは、そもそも彼らの日常に、 VTuber がいない、ということなのだろう。つまり、VTuber の動画を見る、という日常がないのだろう。 まあ、卒…

なぜ京大の宮沢准教授は信用できないか?

大阪の医療崩壊が悲惨を極めていることは、誰もが認めるところだろう。重症でありながら、病院に入院することを定員オーバーを理由に拒否されている間に、次々と亡くなっているわけで。 しかし、他方において、人々は普通に通勤をしているし、通学もしている…

新型コロナ・ワクチンを誰が打つのか?

当たり前だが、新型コロナのワクチンを、自分で自分に打つことはできない。今のところ、筋肉注射となっているわけで。いや、もっと本質的には、それが「医療行為」だから。 つまり、やれるのは、医者か、その医者の監督の下での看護師ということになる。 い…

オリパラを巡る日本の「喜劇」

オリパラ問題は、一方で開催に賛成する人はその「理念」が素晴しいから、と言っているし、他方、反対する人はその「理念」はともかくとして、その「実態」として、もはや救いようのない、 商業主義 が、完全に反倫理的なんだから止めるべきだ、となる。 こう…

頭のおかしい東浩紀先生

いろいろな人が、いろいろなことを言っているけど、状況は非常に簡単で、ようするに、新型コロナは まだ治療薬がない というところがポイントで、患者が病院にかつぎこまれてきても、本質的に医者は何もできない。見守るしかできないから、入院患者が増える…

RASを嫌いな人はいない

緊急事態宣言が、金曜に発表され、ゴールデンウィークはあまり外に出かけにくいな、というのが思われる中、昨日は、仕事終わりに、ロゼリアの映画を見に行った。 おそらく、土曜の今日あたりから、映画館は開いていないところも多いのだろう。 こっちは、グ…

審議会がある限り日本の一切はゴミ屑である

今週の videonews.com は、福島第一の汚染水の海洋への放出の問題で、大島先生が出演されている。 しかし、さ。 そもそも、日本の 審議会制度 って、政府や官僚が「選んで」いるわけでしょw つまり、完全な 御用学者 なわけでしょう。というか、 全ての日本…

審議会がある限り日本の一切はゴミ屑である

今週の videonews.com は、福島第一の汚染水の海洋への放出の問題で、大島先生が出演されている。 しかし、さ。 そもそも、日本の 審議会制度 って、政府や官僚が「選んで」いるわけでしょw つまり、完全な 御用学者 なわけでしょう。というか、 全ての日本…

エヴァとゼータガンダム

シンエヴァが公開になり、エヴァも完結したということで、改めてエヴァとはなんだったのかが考察されているわけだが、私には、そもそも、この作品が、なんらかの意味で 意味がある というふうに考察できるだけの何かなのかが、今だに、さっぱり分からない。 …

テレビ局という「人殺し集団」

最近、ホロライブのさくらみこと宝鐘マリンが、ユーチューブ配信で、ガンダムの二次創作同人誌をとりあげて、炎上している。 まあ、今問題になっているのは、ようするに上記の配信での取り上げられ方が、その作品に対する リスペクトのない態度 と受け取られ…

コロナ禍でのサッカーと新潟

昨日のU24のアルゼンチン戦での、3−0の圧勝は、そもそも日本が サッカー後進国を「卒業」した んじゃないのか、といったくらいに、5ちゃんねるでスレが立つほどの勝ち方だった、と言いたいようである。 この点については、どうなのだろうか? 確かに、…

新型コロナは若い人に影響がないのか?

今週の videonews.com でも、あいかわらず、宮台は新型コロナは、若者には影響がなく、年寄だけが問題なんだから、年寄の「ゾーニング」さえすれば、対策はいらない、といった旨のことを言っている。 宮台は、日本がこと、東アジア内で比べれば、死者だけを…

ゲームの「実践性」

金曜日は、ガルパン最終章の第3話を、ネットでチケットを予約して、仕事帰りの19時半ので見たし、土日は兎田ぺこらのドラクエ11sで、ベロニカに「再開」するところまで見て、少し、先週までの「もやもや」が晴れて、すっきりした気持ちでいる。 (この…

翻訳の「事実性」

ここのところ、よく、英語のペーパーバックを読んでいる。 !!! こんなことを書くと、お前はいつから英語ネイティブになったんだ、何回海外旅行をしているんだ、とか、いろいろ言われそうだが、そうではない。たんに、スマホのキンドルの翻訳機能で 日本語…

なぜスマホゲー「ウマ娘」には比較的、フェミたちは好意的なのか?

ここで少し、今、ネット上でさまざまなに繰り広げられている オタクとフェミの「バトル」 について、私なりの私論をしてみたい。 まず、次のような増田の記事があった。 数少ない例外は、マリン船長とぺこら、ルーナくらい(フレアはオタクであることを隠そう…

伊藤仁斎の思想

江戸初期に活躍した、伊藤仁斎は、中学や高校の倫理の時間で知っている、というくらいの人には なぜ伊藤仁斎が、日本において「決定的」に重要なのか? について分からないかもしれない。 ただ、教科書的な知識でも、仁斎が、中国で一世を風靡していた 朱子…

ベロニカの死

まあ、土日は、別の作業をしながら、ホロライブの兎田ぺこらの、ドラクエ11sの配信を見ていたわけだが、ちょうど、日曜が、ベロニカの死が描かれる場面だった。 www.youtube.com 私はそもそも、ドラクエもまったくやらない人なので、こういったメインの主…

文春の記事について

まあ、今さら私が書くことじゃないけど、東京オリンピックの演出をめぐる、佐々木宏とMIKIKOのいきさつについての記事だけど。 そして、佐々木宏はすでに辞意を表明して、それが受理された、と。 完全に「電通」のビジネスモデルだよねw 日本中で、彼…

徳倫理学についてのいくつか

日本の学問と呼ばれているものは、そもそも「西洋」からの「輸入」であり、それを誰も疑っていない。 そして、その輸入品である、「倫理学」なるものは、功利主義、(カント的)義務論、と簡単に分類されたりする。 ちなみに、杉本俊介先生はバーナード・ウ…

シンエヴァについて

映画公開は月曜で、もう、ネットのネタバレ情報でお腹いっぱいになって、こうして土曜になって見たわけだが、なるほど。月曜に公開したということは、 有給をとれる奴だけ見てくれればいい ということなんだなと。つまりは、リア充。 リア充とは、 隣に常に…

すごい夜見

また、スマホゲーム、とじみこの話なんですが。 今年も、人気投票の季節がやってきたわけですが、今年は、テレビアニメのキャラ(とじとも勢)と、とじみこ独自のキャラ(とじみこ勢)とに分かれて投票、と。 それも、去年が、一位が結芽、二位が可奈美で、…

80歳以上の高齢者

新型コロナ問題を見ていると、一つだけ強烈な違和感を覚えることがある。それは、明らかに、今までのところ、80歳以上の高齢者に重症者や死者が多いように思われるのに、誰も「彼ら、彼女ら」について語らない、ということである。 この違和感を、先週の v…

ネトウヨはネトウヨなのか?

近年、ネット上での「ネトウヨ」問題が、日本でもアメリカでも、さかんに行われるようになっている。それは、ヤフー記事に、膨大な反社会的なコメントを書くような連中ということで、まあ、5ちゃんねるなんかでは、普通にいつも見られる光景ではあるのだが…

女性が知らない女性

今、世の中は新型コロナの緊急事態宣言で、「不要不急の外出禁止」となっている。 ようするに、「外に出るな」と国や東京都は言っているのだから、むべなるかな、というわけである。 私が不満なのは、そんなふうに私たちに言うのなら、そう言っている連中は…

3・11とファースト・ガンダム

私は正直を言うと、今でも、東京人が嫌いだ。それは、もちろん体面で話すときは、申し訳ない気持ちにもなるが、どうしてもその気持ちを捨てることができない。大学を卒業して、東京で働き始めて、ずっとこっちにいるのに、今だにそうなのだ。 このことを決定…

ガンダムとホロライブ

いやまあ、こんなことを書いていても、いつものグダグダ文章だと思われるだけなんだろうけど。 この前、ガンダムについて書いたわけだが、ガンダムシリーズは考えてみると恐しいアニメで、各作品が、毎回、50回くらいテレビ放映されているわけで、なんでそ…

ためにする議論

世の中には、「ためにする議論」というものがある。例えば、近年さかんに入門書が出版されている「倫理学」を考えてみよう。そういったものを見ると、まず最初に、 倫理学には大きく二つの学説がある。一つは「功利主義」で、もう一つが「義務論」である。 …

ガンダムについての幾つかの考察

ここのところ、機動戦士ガンダムについての、メディア展開が活発化しているような印象がある。 まず、安彦先生によるオリジンのアニメ化は、ひとまず、一区切りがついたと言えるだろう。そして、ゼータガンダムの映画化が2005年、2006年に放映されて…