2024-01-01から1年間の記事一覧

中田カウスによる吉本批判

FRIDAYでの中田カウスによる松本人志についてのコメントの記事は、なかなか考えさせられる内容になっている。 「今回の松本の件で大崎は『遠くから寄り添うしかない』と言ったでしょ。『ダウンタウウンを育てたのは俺や』とか言ってるけど、遠くから寄…

松本人志について語ることの「不快感」

松本人志が1日も早く仕事復帰がしたい、みたいな内容を、第一回の裁判の直前にツイッターでつぶやいたが、あのさ。松本は、芸能界に入ってから、何回 女遊び をやったの? 何人の女性とワンナイトラブをやったの? 全部、記者会見で語れよ。そして、そこで…

磐田戦

J1のアルビレックス新潟とジュビロ磐田の戦いは、0−2で磐田が勝利した。 まあ、試合をDAZNで見たわけだが、見た印象は、「新潟は弱い」だろう。 その弱い原因は、そもそも、去年と比べて、圧倒的に「戦力ダウン」しているのに、誰もそれを問題だと指…

町田が広島に負けた

水曜日のJ1で、とうとう町田が負けたわけだが、負けたが、首位をキープしている。 町田が負けたといっても、2−1なわけで、広島が前半にとった1点は、町田の守備を崩しての得点だったが、後半はPKだったんじゃないかな。また、町田の得点もロングスロ…

サッカーのあまりに得点が入らないがゆえに起きる現象

サッカーの試合を、一つの「確率論」として考えたとき、おもしろい現象が起きている。 とにかく、サッカーは得点が入らない。一試合に、1点、または、2点。おそらく、多くのチームが平均で、1点前後となる。ここではこれを、 0点 ... 2割 1点 ... 6割…

人々はなぜ吉本が「ヤクザ」だということを忘れるのか?

安倍元首相が殺害された映像は、テレビでも何度も何度も放映され、大変にショッキングに受けとられた。しかし、そもそも安倍がそれまでに行ってきた、さまざまなことは、もともと、かなり危なっかしい橋を渡ってきたんじゃないか、ということはよく言われて…

沙知先輩は卒業した

うーん。スマホゲームのリンクラなんだが、こうして沙知先輩は卒業したんだが、どうだっただろう? 正直、最後は沙知先輩に「アイドル」をやってほしかった。しかし、それは実現しなかった。在校生のスクールアイドルクラブの6人が、沙知先輩に「卒業、おめ…

スクフェス2がサ終した

本日、3月31日の15時をもって、スマホゲームのスクフェス2のサービスが終了したわけだが、まあ、いい加減、こういった形の ビジネス に「うんざり」なんだよね。サービスを終了すると言うけど、まったく、 説明責任 を果たさない。なにも言わない。あ…

柏戦

J1の昨日の新潟の、柏との試合は、ホームでの試合だったが、最初に思ったのは新潟の先発メンバーだろう。主力を休ませているのか。まあ、ここから過密日程が始まるので、ある程度は戦略なんだろうけど(怪我なのか、休ませているだけなのかが区別がつかな…

なぜサッカーは「おもしろくない」のかw

プレミアリーグで今、アーセナルに入団した遠藤が現地で注目を集めている。アーセナルが首位争いをしているのも、遠藤の「おかげ」の側面も大きいと、現地のファンが再評価を始めている。 ところが、である。 日本では、ほぼ、まったく「大手マスコミ」は無…

「チーム大谷」か、「チーム水原」か?

メジャーリーグの大谷の問題は、大谷が弁明の会見を行ったことで、ひとまずは、彼の主張を明確にしたことによって、一定の沈静化を見せて、ホーム開幕で2安打と、ひとまず野球に集中できそうな雰囲気は整えられた、と彼も受け止めているのだろう。 しかし、…

大谷の会見

うーん。今日の大谷の会見は、捜査が進んでいるという理由で、細かい詳細について語ることや、質疑応答を行わないものだった。いずれにしろ、こういった彼の会見の姿は、印象的に受け取られた報道の反応が多かったんじゃないか。 ここで語りたいことは3点あ…

水原通訳と大谷選手の「謎」

この話、さ。まず、エビデンスとして、大谷名義の口座から振り込みが記録されている、というわけでしょ。なんで、そんな跡が残る方法を選択したのか、だよね。まず、ここが謎だよね。 次に、大谷がなんで直前まで知らなかったのか、でしょう。そんなことがあ…

田嶋による「院政w」

それにしても、なんと、田嶋は会長から「名誉会長」になるんだってなw あのなー。 誰だよ。これを許したのw どっから出てきたんだよ。なんで、こんな「役職」が急に現れたのw 今だかつて聞いたことがない、なんだ「名誉会長」ってw 恐しいな。いや。日本…

ホームでの北朝鮮戦

昨日のサッカー日本代表の北朝鮮戦は、全体練習が1日だけでやっているのでねw まあ、ナショナルチームウィークということで、世界的にクラブのプロ選手をナショナルチームに参加させることを合意しているので、それなりの強制権で選手を集められるわけだけ…

無限判断

以前、このブログでも紹介したことがある、石川求『カントと無限判断』であるが、 伊野連『カント哲学における影響関係』カント哲学における影響関係 ―形式論理学、観念論から量子力学、AI まで―作者:伊野 連三恵社Amazon の「第I部 無限判断論」を読んだら…

ヴェルディ戦

J1での、新潟の、昨日のヴェルディ戦の評価はいろいろあるだろうが、私が見た印象なデガティブだ。 私の各試合の評価の基準は、ビルドアップを含めて、どちらが全体を支配していたか。支配していた時間が、どこまで支配的だったか、といった部分から見てい…

11月までになにが起きるのか?

アメリカの大統領選挙は、この前のスーパーチューズデイによって、共和党候補がトランプに決まったことで、あとは、11月の選挙を待つのみとなった。今回は、第三者として、ケネディ・ジュニアなどが結果に影響を与えると想定されていることから、その票の…

名古屋戦

J1第2節までで、2連勝がなかったことは、今年のJ1が「混戦」となることを示唆していると受けとられている。 今週は第3節が行われているが、やはり例年の「常連組」はスタートダッシュに苦労している印象がある。結局、サッカーは「軍資金」から獲得で…

実際に「存在」した性行為については絶対に言及しない松本人志と伊東選手

それにしても、この二つの「事件」は、一つだけはっきり言えることは、 松本人志と伊東選手の二人の「加害」を訴えられている側の「態度」が似ている ということだろう。 つまり、 スポンサー だ。 松本が今、テレビに出れないのは、テレビの番組のスポンサ…

ガンバ大阪戦

とりあえず、ダゾーンはサブスクに入っていて、J1の新潟の試合くらいはリアルタイムで見ようかなと思っているんだけど、この第2節のガンバ大阪戦は、たんに負けたというだけでなく、 おもしろくなかった というのが多くの人の印象だったんじゃないだろう…

女子サッカー北朝鮮戦

昨日、日本代表女子サッカーは、北朝鮮との、パリオリンピックへの出場をかけた試合を行った。中東で行われた第1戦で、日本はかなり押し込まれながら、0−0で引き分けた関係で、この試合は分かりやすい形になった。日本が勝てば、日本が五輪への出場権をと…

今期の新潟の成績予想

J1であるが、世の中的な成績予想を見る限り、新潟は去年と同じくらいか、それより少し下を予想するものが大半という印象だ。ただ、新潟がJ2に落ちると予想しているものは、ほとんど見かけなかった。 その上で、第1節の鳥栖戦だったが、試合そのものは、…

カラバオ杯の遠藤

まあ、なにが起きたのかだけど。今、プレミアリーグの首位がリバプールなわけだが、国内リーグ戦とは別に、カラバオ杯というトーナメント戦を戦っていた。まあ、日本の天皇杯とか、そういった感じ。 その決勝をチェルシーと戦った。普段はプレミアを見ない私…

松本人志擁護派や伊東選手擁護派に「うんざり」

正直、この話題はもう、結論が出ている、という感想しかなくなってきている。ところが、ネットでの話題を見ていると、どうも、いわゆる「弁護士」とか「評論家」みたいな人の方が、トンチンカンなことを言っているという印象を受ける議論を展開していて、な…

松本人志はなぜ芸能界の「病気」を客観的に語る視座をもたなかったのか?

松本人志が文春で連続で報道されたとき、彼が語った内容は現在のところ、彼が訴えた訴状だけだ。 このことが何を意味しているのかを考えてみることは興味深い。 というのは、文春の 一連の 報道は別に、松本にとどまらない。いろいろな 芸能界 の人の性加害…

松本人志側の訴状内容

松本人志が文春を訴えた、訴状内容が少しずつでてきている。明日、文春のデジタル版で、訴状内容が公開されることがすでに文春側によって予告されている。 m.youtube.com まあ、予想されていたわけだが、そもそもこの訴状では、松本は「性行為」を行ったこと…

松本人志は多くの「証拠」を残してきた

今、松本人志が週刊文春によって連日の追及を受けているが、そもそも彼は、自らの性の「だらしなさ」を、テレビや書籍などによって、さまざまに「自白」してきていたんだよね。 だから、彼に言わせれば、 以前から、自分はそういった行為を「隠して」こなか…

サッカー日本代表問題の論点整理

こちらについては、より明確ではあるでしょう。森保監督が明確に、「今回の大会は育成が目的だった」と言うところから始まる。だから、ベテランを呼んでいない。そのため、調子の悪いキーパーを使い続けなければならなかった。 その上で、イラクとイランとい…

松本人志と伊東選手についての論点整理の補足

まあ、こういった問題って、世の中的にはいろいろあって、少しもめずらしくないんだよね。つまり、彼ら二人にとっては、まるで天地が引っくり返ったかのように感じて、ショックを受けているかもしれないけど、世の中的には少しもめずらしくない。同様の事件…